盗難防止センサー

ショップで面白いものを見つけたので買ってみた

Bike Guard 129 盗難防止センサー。

「NEW」というシールに笑った。ショップで貼ったんじゃなくてもともと出荷状態から貼られてるっぽい。

まぁ、そんなことはどうでもよく・・・

この子機をバイクのボトルケージ部分にくっつけて振動があったらアラームを鳴らす製品。

電源はCR2032ボタン電池を一つ使用。だいたい一日5時間使って30日持つそうな。この時点でいまいちだなぁとは思ったけど、半分ネタなので許容した。スペース的にがんばればもう一つ搭載できたんじゃないかなぁ・・・

続いて親機。パッケージから取り出したら周辺に梱包材というか糊がこびり付いててちょっと残念な感じ・・・

出来の方はまぁ、びっくりするくらいチープw ちなみにこちらもCR2032を1つ使用。子機同様30日程度もつらしい。

機能としては子機が振動に反応すると親機に電波を送って親機のアラームがなる。

で、肝心の取り付けだけど・・・ えぇっと、ボトルケージの形状によってはボルトが本体に届きませぬ・・・

なので

  1. 長いボルトを用意する
  2. 薄いボトルケージを使用する

が必要かと・・・

今回は普段ボトルつけないから・・・

ボトルケージをはずして直でつけました(ぇ

 

さて、使用方法だけどこれまた面倒くさい。というのも毎回ペアリングが必要!

これを聞いたときかなり買う気がなくなったけど、ネタ(ry

なので、バイクを駐めて離れてるとき、親機の電源をオン、10秒程度、ペアリングに時間がかかるので待つ。

これで、ようやくバイクから離れられる。ちなみに解除するときは、親機を子機の近くまで持って行って電源をオフにする必要がある。まぁ、これは許せるけど・・・

肝心の親機と子機の有効範囲だけど200m程度らしい。問題はどれくらい障害物があっても届くかどうかだけど、これは今から使ってみないとわからないのでなんとも。

 

実際に使ってみた。結論から言うと地上1Fに自転車を止めて4Fにいると親機は信号をロストする・・・

まぁ、何となく予想はしてたけど、やぱ届かないか・・・ 直線的じゃないとダメかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。