PCをリプレース

メインで使っていた自宅PCも気がつけば5年選手。

i7 3770Kが優秀で買い替えの機会がなく、今まで使っていたけれど、さすがに仕事の関係もあり最近のPCパーツもしっとかなきゃと思いGW中に1台組むことに。

ポイントはやはり今話題のRyzen。8コアCPUが使える日が来るなんて…

構成パーツは以下の通り。今やamazonでPCパーツ買う時代。ツクモやドスパラはもうちょっと頑張ってほしい!

CPU AMD Ryzen7 1700
CPUクーラー 虎徹  SCKTT-1000
CPUクーラープレート SCAM4-1000A
マザーボード ASUSTeK X370-PRO
グラフィック 玄人志向 GF-GTX1060-6GB/OC/DF
NVMe Samsung SSD 250GB 960 EVO
ヒートシンク アイネックス HM-19A
SSD Crucial MX300 525GB
メモリ CORSAIR CMK16GX4M2A2666C16
電源 Corsair RM550x
ケース Fractal Design Define C Black

メモリは運良く片面実装。

まず、驚いたのはケースの作業性の高さ。配線めちゃくちゃしやすいし、質感もいいし、防音対策すごい。そして1万円しないという…

次買うとしてもこのFractal designを選択するだろうなぁ。

まずはプレート交換でAM4マウンティングキットを取り付け。

でもって虎徹を載せて、NVMeをM.2スロットに。

発熱対策で念のためヒートシンクを貼り付けておく。

マザボをPCケースに固定してあとはグラボとメモリを挿して完成!

本当はこのあとサウンドカードとデータ保存用のSSDも挿してるけど…

そんなこんなで電源オン!

そこまでOCにこだわりはないのでUEFIでAi Overclock tunerをD.O.C.Pに変更。

まぁ、そのうち手動設定するかもしれないけど…

久々のAMDだけどメモリ周りのトラブルもなく安定。ネットワークのレスポンスがちょっと気になるところだけど…

あ、あとBIOS画面でちょっと時間がかかる。

 

ところで、OSインストール直後にNVMeのベンチを取ったら今ひとつ。

原因はドライバーをインストールしてなかったから。インストール後はしっかり速度が出るようになった。素晴らしい。

あとはAMDから最新のチップセットドライバーを落としてきてインストール。

電源オプションでRyzen用の設定が追加された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。