美山ロード2017

4時に自宅を出発。去年同様下道で美山まで。

京都に入ってから霧がかかっており運転は慎重に。霧は美山に入ったときには晴れて一安心。

といっても、駐車場についたとき周りは霧かかってたけど。

駐車場に着いたら知り合いが待っててくれたので、即試走。調子は良さそうな感じ。2周してから受付へ。

その後はいつも通り、パスタを食べてだらだら時間を潰し1時間前からローラーでアップ開始。

パレードランもあるし、軽めに20分ほど回して終了。

そんなこんなで集合時間になったので出走サインをして集合場所に。なぜかシードが付いてたので前方に並べた。位置取りが下手くそなのでありがたい。

そのままスタート位置に。前方にブラーゼン下島選手やシマノレーシングの方々が並んでパレード走行スタート!

って、いきなり後方で落車…

開始何秒だよ…ってか、まだ、レース始まってないよ(汗)

多少ドタバタがあったもののレーススタート。やはり最初の落車を除いて選手のレベルはそれなりなので、ペースの割に落ち着いてる。強度的には十分ついていける。が、早くも課題発生。コーナーリングが下手すぎて中切れをおこしてしまう。レース中、自分がおこした中切れはすべて埋めたけど、脚にくるだけでよろしくない。侵入時の減速が大きすぎるのとコーナーリング中に漕いでないのが問題なんだろうけど、このレース中に改善できなかった…

位置取りの方は相変わらずこれまた下手。気がついたらいつもの定位置、集団後方。九鬼ケ坂で追い抜くも、その後、追い抜いた相手に集団が中だるみしたときに前に出られて苦しい展開。

結局、3周目の九鬼ケ坂を下ったあとの左コーナーで前方で中切れ発生。中切れをした人には追いつくも集団にはブリッジできず。周りは京大が一人ともう一人。展開的にはブリッジのチャンスはまだあるので諦めなかったが…

京大と自分のローテーションはうまくいってたが、もう一人が飛ばしすぎて協調せず。結局、何をやりたかったのかよくわからない一人は足を使い果たし千切れていき、京大と二人旅に。レースとしてはここで完全に終了。できれば来年もシードが欲しいので完走はしたい。京大の子は平地の速度があまり高くないので基本的に前に出てひきまくる。出し惜しみしてもしょうがないしね。

ペースは集団から1周あたり2分遅れ。ぎりぎり行けるかどうか。6周目の九鬼ケ坂手前で4分40秒ほど。あー、無理くさいと思いながら最後まで頑張るも下ったあとの最終コーナー手前で止められて終了。

あと10秒ほどあれは7周目には行けたかもしれないけどどのみちどこかの関門で引っかかってたかな…

ってことで、リザルトはDNF。とはいえ、タイム、出力をみると最後までたれておらず、いい感じで仕上がってることが確認できてよかった。

レース後はスプリング日吉で昼食。

これで1500円はちと高いような…

デザートを頂いて帰宅。帰りは高速なので楽ちん。

 

うーん、完走してる人のデータみるとコーナーからの立ち上がりはやはり800Wは出てるのね…

こちらも出てるけど中切れしてる以上、より長い時間出さないといけないわけで…

コーナーリングのテクニックを上げるか、位置取りをもうちょっと頑張るか、高出力の持続時間を伸ばすかしないとダメだ。

現実的な選択としては前2つかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。