RP9のパーツ選定

RP9に組み合わせるパーツ選定は個人的に結構難しい。というより、フレームがやはりくて選択肢が限られる。オールラウンダーといいつつ、重量はエアロフレームのそれだし。

6.8kgを目指すならホイールを軽量のものにしないと厳しいかな…

■初期装備

RP9の初期装備、サクッと交換できるところは大体軽い。

タイヤR1X190g
チューブSUPER LIGHT50g
サドルVENTO ARGO R1189g

まず、R1Xは軽量でこれ以上というのが厳しい反面、細かな振動を拾いまくりで乗り心地が悪く即交換。なので、むしろ重量増。

チューブも軽さだけはピカイチ。SOYOラテックスに変えて重量はトントン。落としどころはこの辺かなと思うけど、攻めるなら両輪にREVOLOOPで50g削減は可能か。

サドルのVENTO ARGO R1は軽い部類だけど、自分には硬すぎて交換。こちらも重量増。

■ 追加装備

まずはペダル。DURAペダルだと228gの増加。そこにサイコンマウント、ボトルケージ、ゼッケンプレート。この辺を合わせると150g増にはなる。

なお、ペダルはチタンシャフトに変えれば190g増くらいで押さえられるか。

■ 交換装備

重いと話題のステム。200gもあるのでこれを交換する必要あり。加えてハンドルももう少し軽く出来そう。まだやってないけど、ここで100gほど削ることが出来そうではある。

VibeのSuperlightハンドルトステムを使えばもうちょっと攻められそう。

現実的には7.1kg台に仕上げられたら御の字かな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です